Jump to content
  • Sign Up

レジからお金を盗まれないための対処法!


Recommended Posts

キャッシュレス決済が推進されつつある中でも、やはり現金の取り扱いから完全に離れるのは困難ですよね。
 現金で取引をしているかぎり、起こりえてしまうある事件があります。レジのお金を従業員が盗むケースです。

money_yen_bill3_medium.png.6052269692ba121ba1d9ce00539b087b.png

 信頼して雇って職場を任せている職員が、表では頑張っているようでも、ウラでそのような横領をはたらいていて、企業をむしばんでいたと知ったら、どれほどショックでしょうか。このような事件はできる限り避けたいものです。本記事では、このようなレジのお金の窃盗をなくす方法について紹介します。

・徹底的に在庫管理する ★☆☆☆☆
 理論上、売り上げの増加と在庫の減りを正確に細かく分析すれば、不正を見抜けます。ただしこの方法は手間がかかる上に、そもそも材料がグラム単位で置いてある食品産業では細かく在庫を管理するのが困難であるという面があります。

・レジ打ち・締め担当の職員を交代制にする ★★☆☆☆
 その職員がベテランで仕事が早いからと言って、信頼がおける人だからと言って、同じ持ち場を任せっきりにするのは安全とはいえません。だれもその仕事に関与しなくなると、良からぬ考えが浮かぶ恐れがあります。特にお金に関するお仕事は、交代制にするのがよいでしょう。

・防犯カメラを設置する ★★★☆☆
 人の目があるところで犯罪は行われません。とはいえ、同じシフトの人の目だけではあまりにセキュリティは脆弱です。本当にレジのお金を守りたいなら、24時間休みなく監視してくれる、防犯カメラが有効でしょう。これがあれば少なくとも、あからさまにレジからお金を抜いたり、不適正な操作をしたりすることは防止できるでしょう。

・POSレジを導入する ★★★★☆
 POSレジの中には、レシートの履歴や、キャッシュドロワーを開けた履歴、操作履歴を残す機能、確認する機能があります。この機能さえあれば、いつ、だれがシフトの時に、怪しい操作が行われている、ということが明確に分かります。これほど厳重なシステムがあれば、従業員もお金をくすねようとはまず思わないでしょう。

・従業員の行動規範を正しく教育する ★★★★★
 とはいえ、POSレジの厳格なシステムがあるから盗みを働かない、というのはなにか本質的でない気がします。そもそもお金を盗もうと考えることが間違っています。もし自分の働いている企業に好意的な気持ちがあれば、繁栄してほしいという気持ちがあれば、お金を盗むことなんて良心が許さない。そう思わせるため上に立つ人間ができることは、仕事のやりがいを伝えることではないでしょうか。誰もが自分たちに誇りをもって仕事をすれば、POSシステムのような厳格なシステムがなくても、盗みを働くようなことはなくなるかもしれません。

・おわりに
Loyverse POSは、レジ内のお金を守るのに役に立つレジのアプリです。

月額4000円/店舗で

  • 従業員の操作記録の追跡
  • アクセス権限の管理
  • タイムカード機能

が利用可能になる「従業員管理」サブスクリプションを提供しています。

また、月額4,000円/店舗で詳細な在庫管理が可能になる「高度な在庫管理」サブスクリプションもあります。
こちらも防犯に役立つはずです。

気になる方は14日の無料トライアルもあるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

devices.png.f60d06f9685bd28da572220d448ba6f2.png

 

Link to comment
Share on other sites

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!

Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.

Sign In Now
 Share

Loyverse Point of Sale

 

 

 

 

×
×
  • Create New...