Jump to content
  • Sign Up
  • 0

ロイバースの高度な在庫管理の使用感


玉城真二郎
 Share

Question

1 answer to this question

Recommended Posts

  • 0

inventory_1.png

まず初めに、Loyverse POSに付属されている「高度な在庫管理」の機能をざっくりまとめましょう。
 

【高度な在庫管理】

 この機能のポイントは、商品の整理、受注した商品の整理、在庫の集計、複数の店舗間、倉庫間で運送された在庫の追跡ができることです。

 

 Loyverseの「高度な在庫管理」には、Back Officeの一連の追加機能が含まれます。その機能を使えば、より効率的に商品の追跡ができたり、在庫の変化を確認することができたり、より正確な収益性の計算を行うための機能を起動することができたりします。
これらのオプションはサブスクリプションでのみ可能です。

 

以下の項目が、「高度の在庫管理」に含まれる機能の一覧です。

・発注機能 ー 注文書の作成・保存、仕入先への発注、商品受け取り、仕入先情報の保存をすることができます。

・転送オーダー機能 ー 複数店舗を所有している場合、転送オーダー機能で店舗間で商品を正しく配達することができます。

・在庫調整機能 ー 商品の在庫を変更し、調整の理由を示すことができます。

・在庫数カウント ー すべてのまたは選択した商品の予想在庫と実際の在庫を調整し、在庫の損失額または余剰在庫を確認し、各在庫の伝票を保管することができます。

・生産品 ー 構成品目だけでなく、生産品目の在庫を記録することもできます。注文時に在庫が減る商品ではなく、ベーカリーなどの様な、販売前に作成して置く商品の在庫を管理するのに便利です。生産品目は、在庫調整と在庫数を使用して店舗間で移動することもできます。

・仕入先 ー 商品の仕入れ先を登録し管理できます。

・在庫履歴 ー 在庫転送で行われたすべての変更(転送、発注、調整など)の記録を表示できます。

・在庫評価レポート ー 在庫の総コストとその売却による潜在的利益を理解することができます。

 

【実際の使用感】

いま、お土産屋を経営しています。
これまではエアレジを使って販売をしておりましたが、在庫管理の機能が弱く、入庫管理や棚卸しなどは実際には紙でやっておりました。

ロイバースでは、在庫管理の機能がバックオフィスにインストールされており、バックオフィス上で入荷・棚卸しをすることができるため手間が減りました。

ついでに、ラベルプリンター(ここから買えるようです)を購入して、バーコードの印刷もロイバースから行うようにしました。これも便利で助かっています。注意点としては、最小サイズの32mm×25mmでバーコードを印刷すると、スキャナーの性能によっては印刷されないことがあることです。51×25での印刷をオススメします。

 

Edited by Takahashi
Link to comment
Share on other sites

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!

Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.

Sign In Now
 Share

Loyverse Point of Sale

 

 

 

 

×
×
  • Create New...