Jump to content
[[Template core/front/profile/profileHeader is throwing an error. This theme may be out of date. Run the support tool in the AdminCP to restore the default theme.]]

Isobe_Yasuaki last won the day on September 11

Isobe_Yasuaki had the most liked content!

Reputation
46 Level 4

7 Followers

About Isobe_Yasuaki
  • Rank
    Participant
    Participant
Personal Information
  • Business: Support

Recent Profile Visitors

The recent visitors block is disabled and is not being shown to other users.

  1. Hello, If you finish the trial, your information will be remain. But the connection between Loyverse and WooCommerce will be lost.
  2. Hello there, You can update customer's total_points by using this.
  3. - Could you explain about your business? My name is Felix from Indonesia, and founder of Hërbox. Hërbox provides vegan rice boxes & catering serving the Jakarta Metropolitan Area. Hërbox is started in 2020 May as a survival project against the COVID-19 pandemic for our business. Originally, our main business was Tyfel Coffee - the vegan Friendly and specialty coffee shop. But, due to the pandemic and lockdown, we adapt, and now we do everything online. Within 1 year we are able to expand to 4 new locations. Now our team consists of 10 people and we are serving in 5 different locations. Our central kitchen is serving the first 24 hours vegan meal in Jakarta. - What is the mission of your business? Our mission is to spread veganism. We want to share a good meal and share the importance of everything coming into our bodies. We carefully manufacture the nutrition we give to our customers, also we want to make it easy to be a vegan. Vegan is never boring. Currently, if someone said they are vegan in Indonesia, most of them will be lowlily estimated, often correlated with Tofu, tempeh, and spinach. We want to change it, so we provide the best vegan food. I’m also a vegan and so proud of it. Providing vegan food is not easy, as the market is not familiar and aware yet with Veganism, there are a lot of misconceptions and negative paradigm. So we try to transform all non-vegan food into vegan food. So every week we deliver the newest food. Probably for some food, you can’t imagine that it is “veganized”.We want our customers to feel being vegan is as easy and as delicious as their comfort food. For example, this burger’s patty (in the picture) is made of soy protein. The mayonnaise is also homemade. - How does Loyverse benefit your business? Loyverse helped us a lot, especially in maintaining multi-locations. I think the Loyverse is the best to manage multi-locations. It gives us a lot of insight, easiness in the kitchen, and more control in the Back Office. Loyverse hit all of our requirements. When I was researching POS, I compared Loyverse with Box, Odoo, and Indonesian local POS. They are also good but expensive, and some of them were buggy. After comparing everything, I thought Loyverse is the best because of its stability and easiness. It’s so easy that we almost had no training for our staff to use and operate with Loyverse, very simple compared to other POS. So we can focus on our job, without thinking about POS, Thank you Loyverse! - Thank you very much Hërbox
  4. Edison Wang is the founder of a Co-Operative for dog owners community in Indonesia, Koperasi I-RAW. The Co-Operative now has 47 Member-Owners serving over 1000 members of the I-RAW community and thousands more general public. Ever since the founding of the Co-Operative, Loyverse has been the best solution for them in managing and growing the business. - Could you explain about your organization? One year ago, I had an idea of starting a Dog Owners Co-Operative to help small business owners who are producing dog-related products and also help dog owners to be able to find affordable products for their dogs. So around one year ago, I gathered 20 members from our Dog Owner Community to start the Co-Operative. Each of us invested about 30 USD, and so our starting Capital is only about 600 USD. As the business grows, we added more Members/Owners until the 47 people that we have now. We are constantly looking out for more people who have the same vision and who are interested in contributing to the Co-Operative When we started, we had only 2 branches in our Capital city, Jakarta, but now we have expanded to 8 branches in 7 cities with a plan for additional 3 more branches in 3 other cities by the end of the year. - How does Loyvere benefit you? When we started, we needed a solution to manage inventory and invoicing. After trying out several local POS solutions, we found Loyverse and it seems fit to our situation. It is simple, so it doesn’t take time to learn. We don’t need much time to teach new branch operators how to use it. Another thing why I like Loyverse is that the customer service is really fast. If I have a problem, usually it takes only a few minutes to get the answer in the live chat. Because of this, I always recommend my friends to try Loyverse. It is really helping our small business. Otherwise, we have to record inventory manually, etc. - How is your business situation during the COVID-19 pandemic? Actually, pet ownership during the Covid time increased a lot because of the isolation. So our sales grew very well. If our community gets an extra profit, we distribute it to members. The Co-Operative has enabled us to run a lot of social programs that benefit the dog owners. We provide services such as free vaccination for dogs, giveaways, and donations for shelter, etc. - How does each member of the community work together? Even though the Co-Operative still looks to make a profit, as a Community-Owned business, profit is not the main goal, but the goal is to create a sustainable organization that benefits the people and the community that we serve. Even now, after growing to multiple branches, most of us who manage the Co-Operative are volunteers. - If you would meet yourself before starting this, what would you say? I would say “Believe in your dream”. When I started this community, many people said to me, “It won’t work”. We had only 11 members at that time, and now we have 1000 members. The current Co-Operative is my second attempt. The first Co-Operative failed. But It didn’t discourage me. I just tried to analyze what was my mistake and correct them. Probably because I didn’t use Loyverse :). We started the second version with small capital, only 600 USD. Now it has over 60 times bigger capital than the original capital. - That is so fantastic! Instagram - Koperasi I-RAW
  5. 店舗経営でSNSでの集客はとても重要な位置付けにあります 例えば通りすがりに、良さそうなお店があった場合、すぐ入る人よりも1度Google検索して、どんなお店か調べてからお店に来る人の方が多いと思います。 今日はFacebook、Twitter、Instagramのそれぞれの活用方法等について説明したいと思います。 Facebook 最近ではホームページはなくてもFacebookページだけは持っている店舗も増えています。 Facebookは実名登録のSNSだからなのか、若年層より30代から50,60代のアクティブユーザーが多い印象です。 なので投稿する際は、若年層をターゲットにした投稿よりは中年層以上を対象とした投稿をするのが良いです。 投稿頻度は毎日でなくても構いません。店舗での出来事やイベント、新メニューなど1週間に1回は投稿しましょう。 Twitter TwitterはFacebookよりも若年層がターゲットです。 Facebookと違うところは1回の投稿が140字以内になることです。より気軽に投稿できます。 ですのでFacebookより更新頻度は高めにしましょう。今日お店であった出来事や、混み具合などを投稿してみましょう。 注意点として、あまりリツイートはしないことです。Twitterを見にくるユーザーは店舗の情報が知りたいのです。 リツイートをたくさんすると店舗と関係ない情報になってしまうことがあるので注意しましょう。 Instagram Instagramは必ず写真と共に投稿するSNSです。 Twitterと同様に若年層がターゲットです。料理の写真を上手く加工したり、「インスタ映え」する様に写真を撮って投稿しましょう。 若い女性層へのInstagramの影響力は絶大です。 投稿のコツとしては、ハッシュタグ「#」を上手く活用することです。ハッシュタグ検索からその投稿を見にくるユーザーもたくさんいます。 あとは、お店に来た若いお客さんとかに「インスタにあげてね」と気軽に声をかけるのもGoodです。お客さんがInstagramに投稿してくれるだけで、自然にお店のPRになります。 共通の注意点 SNSは投稿することが命です。 投稿しなくなってしまったら意味がありません。 少しずつでもいいので投稿を継続しましょう。 お店のSNSを見て、投稿頻度が少なく更新されていないと、「このお店やっているのかな?」とお客さんが思ってしまうかもしれません。 なのでタイムリーな投稿を心がけましょう。 SNS担当を決めよう SNSを全て経営者や店長が管理しても良いですが、忙しいので大変です。 おすすめは担当を決めることです。特にTwitterやInstagramは若いアルバイトに頼んでみましょう。 若年層がターゲットのSNSは同年代に管理してもらった方が上手くいきます。 全部自分で管理したい気持ちも分かりますが頼むことも大切です! TikTok 番外編として、TikTokを紹介したいと思います。 TikTokはショートムービー専用のSNSです。最近だと東京都が若年層をターゲットとしたコロナウイルス対策のためのムービーをTikTokで発信して話題にもなりました。 そのくらい特に中高生から20代前半の若者の中で今一番ホットなSNSです。 若者をターゲットととするならTikTokを使って簡単なショートムービーを作成して発信するのもアリです。
  6. 今日は、店舗経営に必要なソフトウェア、オンラインサービスを7つ紹介する。 これさえ押さえておけば問題なしだ。 1. ジョブカン(勤怠管理) 主に勤怠管理のサービス。出勤管理、シフト管理、有休の管理ができる。 2. Freee(クラウド管理ソフト) クラウド会計ソフトのシェアナンバー1の実績。 Freeeを使えば確定申告もカンタンに行うことが出来る。また、入金、支払いの管理や見積書・請求書の発行も可能にする。 3. STORES決済 Coineyはキャッシュレス決済端末だ。Coineyターミナルを導入すれば各種クレジットカードやSuica等の交通系電子マネーでの決済が可能になる。 キャッシュレスを進める日本なので導入を検討しよう。 4. Goope(ホームページ作成、制作サービス) 店舗経営するにあたりホームページは必要不可欠だ。だけどホームページの作り方が分からない人がほとんどだと思う。 そんな時にはGoopeを使ってみよう。Goopeはホームページの作成、制作サービスだ。Goopeを使えば最短1日でホームページを作ることが出来る。 5. ラスクル(ネット印刷サービス) 店舗経営の際に忘れがちなのが名刺やお店のチラシなどだと思う。 そんな名刺やチラシをネットで簡単に印刷できるサービスがラスクルだ。ラスクルを使えば自分の好みのサイズやデザインにすることが出来る。 6. AIRリザーブ(予約管理ソフト) お店の予約管理をするソフト。電話での予約はもちろんWebでの予約にも対応している。ホームページなどのサイトに接続することも可能。 7. Loyverse(POSレジ) レジはLoyverseを導入しよう。Loyverseを導入すればレジ、在庫管理、従業員の勤怠管理等の様々な機能が可能になる。
  7. 前回、「最強のキャッシュレス決済サービスを決めよう」という記事でも言ったが、 日本は国家としてキャッシュレスを推進している。 日本のキャッシュレス決済比は約20%、各国では40~60%と言われている。 ではなぜ国家としてキャッシュレスを推進しているのか? 経済産業省のキャッシュレスの現状及び意義では以下の3つを上げている。 引用  1.消費者の利便性の向上   ・ 手ぶらで簡単に買い物が可能に(大金の持ち歩きや小銭の管理が不要に)   ・お買い物の消費履歴の管理が簡単に(自動家計簿など)   ・カード紛失・盗難時の被害リスクが低い(条件次第で全額保証)  2.店舗の効率化、利便性の拡大   ・現金管理の手間の削減が可能に   ・インバウンド需要取込など売上拡大が可能に  3.データ利活用   ・個人の購買情報を分析・利活用することにより、高度なマーケティングやターゲット層向けの商品・サービスの開発が可能に 僕自身もキャッシュレスをお勧めするが、具体的にキャッシュレス決済の何がいいのかを紹介したい。 【消費者目線】 ①買い物の履歴が明確に把握できる  現金の場合レシートを捨ててしまえば、買い物(消費)の履歴は残らない。   しかし、キャッシュレス決済の場合は買い物の履歴はレシートを捨てたとしてもWeb上で管理されているためなくなることはない。いちいちお小遣い手帳や家計簿を残さなくてもいいのだ。 ②ATMに並ばなくていい  現金が必要な時は当たり前だがATMに行く必要がある。給料日や大型連休の前にATMに並ぶ大人を見たことがある人が多いと思う。キャッシュレスが進めばATMに行く必要はほとんどなくなるであろう。 ③現金に触らなくて済む  新型コロナウイルスでウイルスに敏感になっている人が多いと思うが、現金は物理的に相当不潔だ。  まさに不特定多数の人が触れている。キャッシュレスが進めば不潔な現金に触らなくて済むのはとてもいいことだと思う。 ④財布を持たなくて済む  財布には何を入れているか確認してほしい。現金のほかに免許やクレジットカード、キャッシュカード等、貴重品が多く入っていると思う。その財布がなくなったときの代償は大きい。しかし、キャッシュレスが進むとどうなるか。  スマホひとつ、若しくはカードケースひとつで外出が可能になる。なので私はここ10年くらいで売られている財布の形がどんどん変化していくと思う。どんどん小型化していくであろう。 ⑤お金の移動経路が明確に  例えばお小遣いや集金にしても現金の場合は手書きで受領の確認をするなどをしないと、渡したのに渡されたことを忘れたりした際にとてもめんどくさくなる。しかし、キャッシュレス化してLINE Payなどでお小遣いを送金すれば送金等の履歴が残っているのでそのような心配はなくなる。 【店舗側目線】 ①会計がスーパースマートになる  現金の場合、会計時にお金を受け取り、お釣りを渡すという行為が必ず発生する。  この場合、お釣りの間違いや多くお金を貰いすぎたりする問題のほか、大変時間を要する。  キャッシュレス化すれば、お金の間違いもなくなるし、会計のスピードが格段に速くなる。  お客様を会計で並ばせる心配もいらない。 ②お店での強盗がなくなる  比較的平和の日本であっても年に何度かコンビニに強盗がきてレジからお金を盗む事件が発生している。  しかし、キャッシュレス化した店舗であればレジにお金は置いていないので、強盗が来ることはない。  強盗が来たとしても盗むお金がないのだ。 ③消費者の購買分析  キャッシュレス決済の場合、消費者がいつどのような買い物をしたのかがお店側が分かるので、消費者がいつ頃どのようなものを求めているのかを分析して消費者のニーズにあわせて店舗側でも広告等をすることなどができる。 店舗にPOSレジの導入を検討しているなら、Loyverseを導入しよう。
  8. 最近キャッシュレス決済している人が増えた。 国としてもキャッシュレスを推進ているからかもしれない。 そんな中で僕は普段Apple Payを多用している。 今ではQRコード決済も主流になりつつあるが、 色々あるキャッシュレス決済システムで何が一番使いやすいのかを検証してみたので紹介したい。 検証方法 1週間キャッシュレス生活を送り3つの決済システムの中で どれが一番使いやすかったかを自分の独断と偏見で決めていきたい。 エントリーナンバー1:Apple Pay(QuickPay,iD) エントリーナンバー2:QRコード決済(PayPay,LINEPay,メルペイ) エントリーナンバー3:クレジットカード(VISA、Master) この3つが今回のキャッシュレス決済サービスの選択肢だ。 これを使いまくってメリットとデメリットを紹介する。 それぞれ使ってみた感想 〇Apple Pay(QuickPay,iD) Apple Payでは大抵、対応のクレジットカードを登録する。 なのでチャージの必要性がいない。 またクレジットカードのポイントもたまる。これはデカい。 Apple Payの使い方も簡単だ。 iPhoneの電源ボダンを2回押すとApple Payの画面が表示されるので そこでFace ID(顔認証)によるロックを解除してかざすだけだ。 非常にスピーディーに感じた。 〇QRコード決済(LINE Pay) 今流行りのQRコード決済。僕はLINE Payを試してみた。 理由はアカウントを増やしたくないからだ。 PayPayでも良いが1からアカウントを作るのがめんどくさかった。 LINE Payを使えば普段使っているLINEのアカウントから設定することが出来た。 LINE Payは基本的には銀行口座から直接チャージする仕組みなので口座の登録が必要になる。 設定自体はそんなに難しくないが、レジで一部気になったことがあった。 支払いの際、LINEを開いてLINE Payをタップして「コード決済」をさらにタップする。 そこでFace ID(顔認証)によるロックを解除してQRコードが表示される。 そしてそのQRコードを店員さんに読み取ってもらう。 これが少しではあるが時間がかかる。 もちろんショートカット等の設定すればもっと時間の短縮にはなるが、それでもApplePayのスピーディー差にはかなわないと感じた。 また、チャージも意外にめんどくさい。 オートチャージにしろって話かもしれないが、使った分だけクレジットカードから引落ちる方が気軽な気がした。 〇クレジットカード これについては説明不要だ。 クレジットカードを作ってレジの際に渡すだけだ。 しかし、いちいち財布からクレジットカードをだすのも案外めんどくさい (自分はめんどくさがり屋なのかもしれない) 今では大体の店舗でクレジットカードのサインは不要だが、サインが必要な店も存在する。 サインが必要となるとかなりのタイムロスを感じる。 検証結果 最終的な結論から言うとこのような順位になった。 1位:Apple Pay(QuickPay,ID等) 2位:クレジットカード 3位:QRコード決済(PayPay,LINEPay,メルペイ等) Apple Payが1位の理由は圧倒的スピード感だ。 支払いをスムーズにするのがキャッシュレスのメリットだと思う。 その点においてApple Payはかなり早い。 また、チャージの必要もなければ、クレジットカードポイントもたまる。 2位のクレジットカードは無難といったところ。(説明割愛) 3位のQRコード決済は店での支払い行為だけを見ると少し時間がかかる。それだけが不満だ。 しかしながら、LINE Payの場合は無料での送金や割り勘などもできるし、他の機能がとても充実している。 例えば家に届く電気代の請求書の支払いも今までコンビニへ行って支払っていたが 家からLINE Payで支払うことができる。 なので僕はLINE Payもこれからも使い続ける予定だ。 この順位はあくまで僕の個人的な順位なので、この記事は参考として 最終的には実際に自分で使ってみて自分に合ったキャッシュレス決済サービスを見つけてほしい。 キャッシュレス決済にするともう現金には戻れない。 番外編 QRコード決済の中でJcoinというものがある。 Jcoinは基本的にはLINE PayなどのQRコード決済と変わらないが、 特徴的なサービスが1つある。それは手数料なしで口座にお金を戻すことが出来ることだ。 LINE Payなどでも口座にお金を戻すことは可能だが、手数料が掛かってしまう。 口座にお金を戻すことが多いと思う人はJcoinを選択肢に入れてもいいかもしれない。 QRコード決済サービスもたくさん選択肢があるのでその比較も今後記事にしたいと思う。
  9. キャッシュレス決済が推進されつつある中でも、やはり現金の取り扱いから完全に離れるのは困難ですよね。  現金で取引をしているかぎり、起こりえてしまうある事件があります。レジのお金を従業員が盗むケースです。  信頼して雇って職場を任せている職員が、表では頑張っているようでも、ウラでそのような横領をはたらいていて、企業をむしばんでいたと知ったら、どれほどショックでしょうか。このような事件はできる限り避けたいものです。本記事では、このようなレジのお金の窃盗をなくす方法について紹介します。 ・徹底的に在庫管理する ★☆☆☆☆  理論上、売り上げの増加と在庫の減りを正確に細かく分析すれば、不正を見抜けます。ただしこの方法は手間がかかる上に、そもそも材料がグラム単位で置いてある食品産業では細かく在庫を管理するのが困難であるという面があります。 ・レジ打ち・締め担当の職員を交代制にする ★★☆☆☆  その職員がベテランで仕事が早いからと言って、信頼がおける人だからと言って、同じ持ち場を任せっきりにするのは安全とはいえません。だれもその仕事に関与しなくなると、良からぬ考えが浮かぶ恐れがあります。特にお金に関するお仕事は、交代制にするのがよいでしょう。 ・防犯カメラを設置する ★★★☆☆  人の目があるところで犯罪は行われません。とはいえ、同じシフトの人の目だけではあまりにセキュリティは脆弱です。本当にレジのお金を守りたいなら、24時間休みなく監視してくれる、防犯カメラが有効でしょう。これがあれば少なくとも、あからさまにレジからお金を抜いたり、不適正な操作をしたりすることは防止できるでしょう。 ・POSレジを導入する ★★★★☆  POSレジの中には、レシートの履歴や、キャッシュドロワーを開けた履歴、操作履歴を残す機能、確認する機能があります。この機能さえあれば、いつ、だれがシフトの時に、怪しい操作が行われている、ということが明確に分かります。これほど厳重なシステムがあれば、従業員もお金をくすねようとはまず思わないでしょう。 ・従業員の行動規範を正しく教育する ★★★★★  とはいえ、POSレジの厳格なシステムがあるから盗みを働かない、というのはなにか本質的でない気がします。そもそもお金を盗もうと考えることが間違っています。もし自分の働いている企業に好意的な気持ちがあれば、繁栄してほしいという気持ちがあれば、お金を盗むことなんて良心が許さない。そう思わせるため上に立つ人間ができることは、仕事のやりがいを伝えることではないでしょうか。誰もが自分たちに誇りをもって仕事をすれば、POSシステムのような厳格なシステムがなくても、盗みを働くようなことはなくなるかもしれません。 ・おわりに Loyverse POSは、レジ内のお金を守るのに役に立つレジのアプリです。 月額4000円/店舗で 従業員の操作記録の追跡 アクセス権限の管理 タイムカード機能 が利用可能になる「従業員管理」サブスクリプションを提供しています。 また、月額4,000円/店舗で詳細な在庫管理が可能になる「高度な在庫管理」サブスクリプションもあります。 こちらも防犯に役立つはずです。 気になる方は14日の無料トライアルもあるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
  10. POSレジ...とは言ったものの、「POS」について明確に説明できる人は少ないかもしれません。POSとは何なのか、今までの「レジ」とは何が違うのか、そしてこれからレジはどういう変化を遂げていくのでしょうか。  レジというのは、「キャッシュレジスター(cash register)」の略称であり、直訳すると、「金銭登録機」です。どれくらいの売り上げが出たのか、返品はあったのか、という「金銭」の動きを「記録」する機械です。  レジの機能が進化するにつれて、商品を分類し、どの商品がどれだけ売れたのかを集計する機能がついたり(部門管理機能)、値段の割引、割増をできる機能がつきました(消費税導入初期はこの機能を用いて消費税を計算した)。  POSというのは、実はこのレジの付加的な機能に過ぎません。これは"Point Of Sales"の略称で、直訳すると「販売時点情報管理」です。  特筆すべきなのは、POSレジはネットワークにつながっているということです。売買が行われた「時点」で情報がネットワークを通してクラウドに蓄積されるため、リアルタイムで何が売れたのかが詳細に分かるシステムになっています。手打ちのレジと違って、POSレジは操作ミスや従業員による不正のリスクが少ないという点も優れています。さらに、顧客の性別、年代、来店する時間帯まで判るので、店舗間の営業戦略において、小売店やレストランを中心に積極的に利用されるようになりました。  POSレジには大きく分けて三種類あります。タブレット型、コンピュータ型、ターミナル型です。  タブレット型とコンピュータ型は、それぞれの端末にPOSシステムのソフトウェアをインストールすることでPOSレジとして利用できるので、周辺機器を各々で揃えないといけない手間がかかる分、コストを抑えることができます。特にタブレット型は場所を取らないというメリットもあります。  一方ターミナル型は、POSレジ専用に創られた端末なので、先述のふたつより値段が高い分、キャッシュドロワー、レシートプリンターなどが一式でそろっているので使いやすいというメリットがあります。こちらが現在のPOSレジの中で最も普及している型です。  しかしそのようなPOSレジも、次の段階を迎えようとしています。それはAmazon GOを代表とする、「レジレス」です。Amazon GO にはレジがありません。その代わりに、ゲートが存在します。お店に入るときに専用のQRコードをスマホのアプリから表示し、ゲートでスキャンし、商品を買い物袋に入れ、帰るときにまたゲートを通ると、スマホのアプリが自動的に決済をしてくれます。(公式にAmazon GO の紹介がされている動画があります。興味がある方は一度見てみてはいかがでしょうか。)    Loyverse POSは、先述のPOSレジアプリのうち、タブレット型に該当します。特にLoyverseは、この記事を執筆している2019年12月3日の時点でGoogle Play において4.6/5.0(6,157件)、App Store において4.4/5.0(25件)という高い評価を得ています。タブレット型POSを考えている読者がいましたら、是非 Loyverse を試してみてはいかがでしょうか。
  11. タブレットとプリンターが一体となっているのにコンパクト設計のSUNMI V1S。持ち運べて精算ができるので、店舗の様々な形態に適応すること間違いなし!そのSUNMI端末とLoyverse POSレジが連携したので、お知らせいたします。 Loyverse POSレジのプリンター設定で「SUNMI」を選択することで、内蔵プリンターと簡単に接続できるようになりました。 Loyverseは、店舗経営者にとってのすべてのニーズを満たすためにフルセットのアプリを備えており、現在ではすべてのSUNMI端末でも利用できます。 SUNMI端末の内蔵プリンターを接続するには、SUNMI端末でLoyverse POSアプリを起動し、[設定]に移動します。 「+」ボタンをタップしてプリンターを作成します。 「名前」欄にプリンターのタイトルを入力し、プリンターモデルのドロップダウンメニューから「Sunmi」を選択します。 プリンターの[用紙幅]を選択します。 その後テスト印刷をしてください。 テストレシートが印刷され出てきたら、接続完了です。 より詳細な操作説明については、次をご参照ください。 https://help.loyverse.com/jp/help/connecting-built-printers-sunmi
  12. Hello, We don't have update yet. For now, you can check this discussion. Best regards,
  13. Hello there, We don't have update in API. For now, you can refer to this discussion about online ordering. Best regards,
  14. Hello there, We don't have exactly such integration. But you can try Appypie. https://connect.appypie.com/apps/loyverse/integrations/sms-by-connect-custom

Loyverse Point of Sale

 

 

 

 

×
×
  • Create New...